M字ハゲは典型的な男性型脱毛症の症状です。

 

男性型脱毛症(AGA)とは、頭頂部、生え際のどちらかあるいは両方の毛量が減り薄くなる症状で、成人男性によくみられます。

 

ではAGAはなぜ起こるのでしょうか。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因といわれています。

 

今回は男性ホルモンの影響について説明しましょう。
薄毛と男性ホルモンとは因果関係があります。

 

男性型脱毛症(AGA)は、テストステロンという男性ホルモンがジヒドロテストステロン(DHT)という酵素に変化することで発症します。
つまり、男性ホルモンの量によって抜け毛が進むのではなく、男性ホルモンがDHTに変換することが薄毛の原因となります。
男性ホルモンの増加がAGAの原因になるものではありません。

 

このDHTにより毛母細胞に栄養補給が止まり、血流が極端に悪くなります。その結果髪の成長を阻害し、ヘアサイクルが乱れ、毛髪は太く長い毛に成長することなく本来の寿命より早く抜け落ちてしまうのです。

 

このほかにも、過度なストレスで自律神経のバランスが崩れると、体中の血流が滞り、毛髪まで栄養が行きづらくなります。
さらに動物性タンパクの多い食事も髪には悪影響です。規則正しい生活を見直すことが抜け毛の進行を止める第一歩となります。